口コミで大評判!ネットで人気のオーディオ買取サービス!

【2023年版】

オーディオの下取り買取とは?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/09/10
    

利用しなくなったオーディオ機器は売ることもできますが、それには買取と下取りといった2つの方法があるのです。一見すると似ているこの2つにも違いがありますから、それぞれのメリットを交えつつお話ししていきます。

下取りでは数々のメリットを期待できる

新しいスピーカーやアンプを購入する場合、これまで使っていた機器が不要になることも多いと思います。そんなときに役立つのがオーディオ買取や下取りですが、この2つはまるで違う別物です。

前者は不要な機器を売るだけの行為であり、後者は新しい機器の購入代金の一部として売却金額を充当する仕組みになっています。つまり買取なら売却先を自由に選べますが、下取りは次の機器を買うお店でなければなりません。ただし売却先を選べない代わりに、購入と処分を1つのお店で済ませられるので、手間が掛からないのがメリットです。

また、購入商品の値引きは難しくても、下取り価格のアップでお得を引き出すなど、やり方次第ではオーディオの買い替えを有利にできるかもしれません。さらに、マイナーな機種や不人気モデルなど、通常の買取では査定額が低いオーディオも、下取りなら多少のサービスを期待できるといった魅力も備えています。

高額でオーディオを売りたいときは買取も外せない

人気モデルなどの高額査定を期待できる機種なら、買取のほうが高く売れるケースも少なくありません。この方法では買取専門業者も候補に加えられるため、売却先の選択肢を広げられるのが大きな強みです。いろいろなお店に査定を依頼すれば、最も高く買ってくれる店舗を発見しやすくなるので、これに勝るものはないでしょう。

なにせ各店で得意な機種やカテゴリーがありますから、同じでオーディオ機器でも、査定額の低いお店や驚きの価格を提示する店舗など、実にさまざまです。そして意外に軽視できないのが買取強化などのキャンペーンであり、お店が指定する製品なら普段より高く買ってもらえます。

売りたい機器が運良くそれに該当していれば、通常より高値で売れるため、このチャンスがあるのも買取の利点と言えるでしょう。そこで、買取を検討する際に活用すると良いのが、オーディオ買取の一括査定サービスです。所在地や売りたい機器などの必須事項を入力するだけで、複数の店舗へ同時に見積もりを依頼できます。

後は各店から査定結果が送られてくるのを待つだけですから、効率的に見積もり情報を集められるのです。費用は大抵無料なので、オーディオの買取価格を気軽に調べられるのも嬉しいポイントです。査定金額をたくさんチェックすれば相場も把握できるため、買取相場価格を知りたいときにも重宝します。

買取と下取りのどちらが良いのか

基本的にケースバイケースなので、一概にどちらが最適かは断言できませんが、一般的に有利なのは買取だと思います。そこで、オーディオを買い替えるなら、まずは購入店に下取りを打診して、それから他店の買取価格を調べてみてはいかがでしょうか。

順番は逆でも良いのですが、とにかく高く買ってくれる業者へ売るのが上策です。もちろん、新しいオーディオ製品を買う予定がなく、不要な機器を処分したいだけなら、下取りが成立する土壌がないので買取一択です。

いずれにせよ宅配買取も視野に入れれば遠方のお店も売却先に加えられますから、幅広く探すことをおすすめします。

 

買取と下取りは一見似ていますが、買取は売却だけをおこない、下取りは商品を買う際、購入店に不要な機器を買ってもらい、その金額を購入代金に充当する方法です。なのでオーディオの買い替えで不要な機器を処分するときは、それぞれの違いやメリットを知ったうえで検討してみてください。

とにかくどちらにも違ったメリットがありますから、双方を視野に入れて比較するのが良策です。そして、最も高く買ってくれるお店を選んで、お得に要らないオーディオ機器を手放しましょう。